「Guidance」 一覧

当研究室における指導方針などです(具体的な研究指導関係はこちら)。ある意味研究内容以上に重要かもしれませんし、必ずしも誰にでもマッチするものではないということは十分に理解していますので、特に配属を検討している(結果的に検討せざるを得なくなった、場合も含めて)方は、運営方針と共に一通り目を通してもらえることを願っています。尚、他のページと同様、以下のリンク先での「私」とは遊佐のことです。自分で書いた文章読んでみると、すごい人格者なんですね、私。

カテゴリ一覧

研究室学生への希望/要望

2021/07/23   -Guidance, Policy

常日頃研究室の学生に伝えていることです。指導方針、運営方針、特に当研究室と合わないと思われる方も併せて読んでいただけると色々なことが何となくわかってもらえるので ...

研究室選びに関して

2021/02/24   -Guidance, Policy

理系の学生にとって研究室選びは非常に重要です。が、その一方でなかなか研究室というものがどのように運営されているのかは実際に研究室に所属してからでないとわからない ...

教員の役割について

2020/02/07   -Guidance

いわゆる講義における教員の役割と、大学院における研究指導における教員の役割というものは大きく異なっています。具体的なところは各教員の考え方に大きく依存しますので ...

入学試験(勉強)と研究の違い

2020/02/01   -Guidance

指導方針、というのとはちょっと違いますが、大学院における研究は、学部及び高校までの勉強とはかなり違うんですよということを端的に述べるため、入学試験(勉強)と、研 ...

配属学部学生Life

2019/10/27   -B3B4, Guidance

東北大学工学部機械知能・航空工学科においては、学部3年時に研究室選択、より端的には卒業論文研究を行う研究室を選ぶ必要があります。当研究室の卒業論文指導方針はこち ...

研究指導方針

2019/03/20   -Guidance

やっぱり誰が何と言おうと研究活動が研究室における最重要事項の一つであることは間違いが無いと思います。そのため、何故その研究そのようにをやるのか、ということについ ...

研究指導方針(学部)

2019/03/20   -Guidance

東北大学工学部機械知能・航空工学科においては4年次に卒業研究が課されています。そのため、学部で当研究室に配属になった場合、必然的に当研究室で卒業研究の指導(研究 ...

研究指導方針(修士)

2019/03/19   -Guidance

修士(博士課程前期)学生に対する研究指導方針です。 修士研究は2年間で行うものですので、卒業研究と比べるとはるかに時間的な余裕があります。ただ、それはそのぶん楽 ...

研究指導方針(博士)

2019/03/18   -Guidance

最後に博士学生(博士課程後期学生)に対する研究指導方針です。 基本的に修士に対する指導と同じような感じなのですが、もうちょっと自分でやってもらうことを期待する割 ...

当研究室と合わないと思われる方

2019/03/17   -Guidance, Policy

とある本によると、「幸せな**を送るための条件を明確に説明することは困難である。一方で、うまくいかなかった**は、その大半において、明確かつ共通の理由がある」の ...

外部発表

2019/03/12   -Guidance

東北大学の大学院において学生に課されている「研究」は、各種学術会合参加や投稿論文という形での研究発表も伴っていると私は認識していますし、またそのため学生に適宜外 ...

投稿論文について

2019/03/12   -Guidance

一般的に研究とは学術論文として世に出て初めて意味をなすものと言われます。大体修士研究がそれなりの雑誌への投稿論文1報、場合によっては2報相当くらいになるようにし ...

プレゼンテーション

2019/03/03   -Guidance

好むと好まざるとにかかわらず、このご時世プレゼンテーションを避けて通ることはできないでしょうし、グローバル化の流れの中、今後ますますプレゼンテーションの重要性は ...

修了/卒業要件

2019/03/02   -Guidance

学生の立場からすると一番重要なのは無事修了/卒業ということである、ということは十分に理解します。なので、当研究室における修了/卒業要件を明示しておきます。 とい ...

Copyright© Yusa Laboratory , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.