Activity Report Exchange Oversea Student Study Abroad

Instituto superior tecnico/リスボン大学 留学

更新日:

2018/9/20~2018/12/27

ガイド波検査試験の勉強と研究を進めるため、リスボン大学のHelena Ramos先生の研究室で100日間の留学に参加してきました。

紆余曲折あって、ドバイ経由で片道28時間の旅路でリスボンへ。それでも出発日と到着日が同一日付という激レア体験。

星空のような機内

A380と砂埃と朝日、なんともドバイの空港らしい風景

トランジットの時間を使って街中へ、貧乏学生なので地下鉄の一日乗車券買ってドバイの街を満喫します。

すっごく親近感と郷愁感を思い起こさせてくれた紀伊國屋書店(お前何人だというツッコミはなしで)

百聞は一見に如かず、本当に大きいブルジュ・ハリファ

外国人労働者が多いことと、砂を被ったまま放置されたスーパーカーが印象的だったドバイの街を後にし、いざリスボンへ

ドキドキハラハラの空路コース

これほど地図上の地形がわかりやすい海岸線は見たことがなかったです。

ようやくリスボンに到着できたものの、時差ボケと疲労によってHPが大幅にダウン。このルートは本当にオススメできません。

今回の留学先であるリスボン大学に到着

立方体の建物が特徴的な研究棟、ここでこれからしばらくお世話になることに

Ramos先生、Ribeiro先生、および研究室のメンバーと一緒に

一番お世話になったDr. Fengと一緒に

ここで皆さんと一緒に研究を進め、ガイド波検査試験について理解を深められたと共に自らの研究への適用も検討することができました。

また、留学の醍醐味である異文化環境での「暮らし」も大いに体験することができた。

ポルトガル流闘牛、馬に乗って雄牛に挑みます。

豪華な装飾が施されているジェロニモス修道院、大航海時代で蓄えた富の多さが窺えました。

美食を堪能しました。

ヨーロッパの鳩はこのように水を飲みます

馬または自転車に乗って侵入することを禁止します

悪名高きライアンエアも体験。アジア人の体型でiPhoneを携えて4時間以内の移動に使うのであれば意外と苦じゃないことがわかった。

今回の留学で研究と暮らすことを通して、これまでヨーロッパに抱いていた印象とは異なることを多く体験できました。ガイド波についての知識と技能を体得できたことはもちろん、自らのサバイバル力が強く成長できたいい機会だったと考えています。親切に受け入れてくださったRamos先生、Ribeiro先生、そしてDr.Fengを始めとした研究室の皆さんには本当に感謝しております。ありがとうございました。Muito obrigado!

 

陳偉熙

-Activity Report, Exchange, Oversea, Student, Study Abroad
-

Copyright© Yusa Laboratory , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.