Activity Report Exchange Oversea

NUAAとのオンライン研究会

更新日:

2022/03/22

南京航空航天大学の非破壊検査研究グループとオンラインでの研究会を開催しました。

こちら研究会のプログラム。午前中は大学紹介も兼ねた教員の発表が4件、午後は両大学の学生の発表がみっちりです。

まずは今回の研究会の発起人&オーガナイザーであり、JSPS博士研究員として当研究室に2年間滞在してくれた現南京航空航天大のProf. Geから会合の趣旨などの説明です。依然として海外への渡航は難しい状態ではありますが、こうやってネットワークが広がっていくのはうれしいものです。

続いて先方のProf. Wangより研究チーム全体の説明。高速鉄道のレール検査が研究チームとして特に重要なトピックだとのこと。時速250~300kmで走りつつ検査しなければならないというのもまた大変です。

こちら側の発表。東北大学、仙台、そして研究室全体の研究活動について、概要を説明します。

午後は学生の研究発表です。研究分野自体はほぼ同じということもあり質疑は非常に活発で、5分では全く収まりませんでした1 。当研究室からはB4も発表させられたりします。

今回のオンライン研究会は当研究室として初の試みでした。もちろん対面で開催できればいいのですが、対面だと参加者が非常に限られてしまう(全員の旅費を賄えるほど甲斐性がないので・・・) のが実情なので、これはこれで十分ありだなというのが感想です。

次回は是非南京か仙台で対面でやりたいものです。


  1. 後半かなりの疲れが見えたのは確かですが。

-Activity Report, Exchange, Oversea
-

Copyright© Yusa Laboratory , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.