Hakkoda

八甲田山分園

八甲田山分園について

はじめに

東北大学植物園八甲田山分園の歴史

1929年(昭和4年)
東北帝国大学生物学教室附属八甲田山植物実験所として開設される。
1966年(昭和41年)
東北大学理学部附属八甲田山植物実験所となる。
1985年(昭和62年)
新管理棟が完成する。
2000年(平成12年)
東北大学大学院理学研究科附属八甲田山植物実験所なとる。
2004年(平成16年)
東北大学大学院理学研究科附属植物園八甲田山分園となる。
2005年(平成17年)
東北大学植物園八甲田山分園となる。

八甲田山分園のあらまし

 東北大学植物園八甲田山分園は,2004年(平成16年)に東北大学理学研究科附属八甲田山植物実験所を改称して発足した分園です。
 八甲田山分園の前進である,八甲田山実験所は1929年(昭和4年)に,当時の東北帝国大学により,山岳地帯における植物学的研究,とくに植物生態学に関する研究と教育のため施設として開設されました。以来,現在に至るまで,東北大学をはじめ世界各地の研究者を広く受け入れ,植物生態学や花粉分析を中心とした日本の山地・高山・火山の植物学的研究に大きな貢献をしています。

  • 紅葉の中の八甲田山分園
    紅葉の中の八甲田山分園
  • 現在の実験棟
    現在の実験棟
  • 1930年頃の実習棟
    1930年頃の実習棟
  • 開所当初の八甲田山分園(実験所)
    開所当初の八甲田山分園(実験所)
  • 開開所当時の実験棟
    開開所当時の実験棟
  • 1930年代頃の大岳(撮影:木村有香教授)
    1930年代頃の大岳(撮影:木村有香教授)

八甲田山分園の利用案内

開園期間

6月1日~10月30日
※冬期11月1日~5月30日までは閉鎖

休園日

なし

開園時間

日出~日没

入園料金

無料

園路観察の所要時間

約30分

交通案内

バス利用の場合

JR青森駅よりJRバス十和田湖駅行きに乗り,「酸ヶ湯温泉」バス停で下車して下さい。所要時間は,約80分です。八甲田山分園までは,「酸ヶ湯温泉」バス停から徒歩5分です。
詳しい情報はこちらから(JRバス)

自家用車の場合

東北自動車道の黒石ICより約40分です。JR青森駅からは約50分です。

八甲田山分園までの地図

八甲田分園で教育・研究を計画されている皆さんへ

 東北大学植物園八甲田山分園の園内,植物園の施設等を利用して,学術研究,講義,実習,研究会,会議などを希望する方は,利用規定・申請書をダウンロード,または下記の連絡先までFAX・郵便にて請求下さい(電話での依頼は不可)。
 使用内規、利用者心得を参照のうえ,申請書をご提出下さい。その際,八甲田山分園での宿泊を希望される方は,宿泊施設使用許可願書も合わせてご提出下さい。内容を審査のうえ,裁可いたします。決定までいは,1ヶ月程かかることがありますので,早めの申請をお勧めします。
 本利用に関わる教育とは,大学などの講義・実習などを原則とします。研究とは,大学・研究機関などに所属する研究者によるものを原則とし,大学院生・学生などにあっては,研究指導者の承認が必要です。本件に該当するかどうかについては,下記の連絡先までお問い合わせ下さい。

連絡先

東北大学植物園八甲田山分園
〒030-0111 青森県青森市大字荒川字南荒川山1-1
FAX:017-738-0621

※冬期は東北大学植物園(022-795-6760)にお問い合わせ下さい。

利用規定・申請書のダウンロード

  • 八甲田山分園使用内規【PDF
  • 八甲田山分園使用者心得【PDF
  • 八甲田山分園申請書(調査・研究用)【Word, PDF
  • 八甲田山分園申請書(講義・実習用)【Word, PDF
  • 八甲田山分園宿泊施設使用許可願書【Word, PDF
  • 八甲田山分園宿泊施設使用許可願書 別添名簿【Excel

八甲田山分園の施設と園路の案内図

八甲田山分園の施設と園路の案内図

八甲田山分園で見られる季節の花

6月~

シラネアオイ、ワタスゲ、ミズバショウ、スミレサイシンなど

  • シラネアオイ
    シラネアオイ
  • ワタスゲ
    ワタスゲ

7月中旬~

ハクサンシャクナゲ、ゼンテイカ、ハクサンボウフ、モミジカラマツなど

  • ハクサンシャクナゲ
    ハクサンシャクナゲ
  • ゼンテイカ
    ゼンテイカ

9月~

オオアキノキリンソウ、ヤマウルシ

  • オオアキノキリンソウ
    オオアキノキリンソウ
  • ヤマウルシ
    ヤマウルシ

10月初旬~

シラタマノキ

  • シラタマノキ
    シラタマノキ