担当教員

本ゼミ担当教員のクリントン・ゴダール准教授およびオリオン・クラウタウ准教授は、二人とも仏教を中心とする近代日本思想史の研究に取り組んでおり、特に近代日本仏教をめぐって、多くの業績を発表している。ゴダールは、日蓮主義を中心として近代日本の科学思想およびアジア主義の問題を考察しており、クラウタウは浄土真宗系の思想家に焦点を当て、日本仏教論の形成を軸とするアカデミズムの世界におけるナショナリズムの諸相を検討している。

以上のような宗教学・思想史学の専門的立場から、講座非常勤講師の力も借りつつ、広く近代宗教史の課題に取り組む大学院生を指導している(詳細は「メンバー」を参照)。今まで、日本国内外で講義・報告も行ってきたゴダールおよびクラウタウの両准教授は、日本語と英語の両方で論文・発表の指導が可能である。本ゼミに関心をお持ちの方は、こちらのページからお問い合わせ下さい。


G. Clinton Godart クリントン・ゴダール

専門分野
日本宗教史(近代仏教と科学思想)
近代科学史(日本進化論の思想)
アジア主義
軍事思想史


Orion Klautau オリオン・クラウタウ

専門分野
日本宗教史(近代仏教と学知)
近代の国家主義と仏教
日本における歴史叙述思想
近代日本のポルトガル像


講座非常勤講師

曽根原理  SONEHARA Satoshi
繁田真爾  SHIGETA Shinji