Tag Archives: 十五年戦争期

ジョン・パーソン先生ご講演「帝国日本における右翼と学問」

2019年5月24日に、ジョン・パーソン先生(ニューヨーク州立大学オールバニ校助教授)がこちら東北大で非常に興味深いご講演をされました。先生は原理日本社の事例を踏まえつつ、1930年代から40年代にかけての特別高等警察が創造(想像)したものとしての「右翼」概念の歴史的形成を語られました。先生の近著『Arbiters of Patriotism: Right-wing Scholars in Imperial Japan』も楽しみにしております! Yesterday @johnnyppp John Person gave a stellar talk at Tohoku Uni on the pre-1945 right and the state. In the 1930’s, the Thought Police shifted their attention from leftwingers to the extreme … Continue reading

Posted in 研究会 | Tagged , , | Leave a comment