ダイナミトロン照射実験

2021年7月31日、青葉山キャンパスの量子エネルギー工学専攻に設置されたダイナミトロン加速器を用いたイオンビーム照射実験を始めて実施しました。

長谷川研の長谷川先生、宮澤先生、学生さん達の全面バックアップのもと、水元君の試料が無事照射されました。また、イオンビームの立ち上げ調整は、技術職員の三輪さん、松山先生に実施して頂きました。感謝しかございません。コロナ明けたら呑みに行きましょう。

当研究室からは、笠田教授、近藤准教授、水元(M2)、Wu(D1)、松戸(M1)が参加しました。現状は照射条件監視を手伝う程度しかできませんが、今後照射試料のセットなどもマスターして行ければと思います。

それにしても、教授3名、准教授1名、助教1名、技術職員1名、学生7名を費やした本照射実験ですが、果たしてどのような結果となるのか楽しみです(プレッシャー?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください