研究業績


2024年度(令和6年度)

投稿論文/Publications


学会発表/Conference presentations
【口頭発表】
1)材料表面におけるコンディショニングフィルムの形成が微生物の付着性に与える影響
 2024.06.14 2024(令和6)年度 資源・素材学会東北支部 春季大会 (宮城)
 ○梅津 将喜

2)直流電流による電気泳動堆積法を応用した微生物集積技術の開発
 2024.05.21 粉体粉末冶金協会 2024年度春季大会(第133回講演大会) (神奈川)
 ○鈴木 渓太,梅津 将喜,上高原 理暢

3)酸化チタン薄膜の作製とその表面での細胞および微生物の接着
 2024.05.21 粉体粉末冶金協会 2024年度春季大会(第133回講演大会) (神奈川)
 ○岩間 永樹,梅津 将喜,上高原 理暢


【ポスター発表】
1)人工骨セメント用途の抗菌金属を固溶させたα型リン酸三カルシウムの作製に関する研究
 2024.06.14 2024(令和6)年度 資源・素材学会東北支部 春季大会 (宮城)
 ○樋山 颯,梅津 将喜,上高原 理暢

2)電気泳動堆積によるアルギン酸ゲルの形成と鉄酸化細菌固定
 2024.06.14 2024(令和6)年度 資源・素材学会東北支部 春季大会 (宮城)
 ○水越 千誉,梅津 将喜,上高原 理暢

受賞/Awards


 
 
2023年度(令和5年度)

投稿論文/Publications
【研究論文】
1)Preparation and Evaluation of Cements Using Spherical Porous β-Tricalcium Phosphate Granules
 [Materials Transactions, 65(2), 2023, p.212-217]
 Ito Yuichiro,Kato Hiromu,Umetsu Masaki,Kamitakahara Masanobu
 DOI: https://doi.org/10.2320/matertrans.MT-Y2023006

2)3D-Printed Methane-Producing Electrodes for Microbial Fuel Cells Developed Using Biogel Ink Containing Live Methanogens and White Charcoal
 [Macromolecular Materials and Engineering, 308(12), 2023, 2300215]
 Masaki Umetsu, Yosuke Watanabe, Masato Ueno, Tatsuya Kobayashi, Hidemitsu Furukawa, Chika Tada
 DOI: https://doi.org/10.1002/mame.202300215

3)Iron azaphthalocyanine electrocatalysts for enhancing oxygen reduction reactions under neutral conditions and power density in microbial fuel cells
 [Bioresource Technology Reports, 23, 2023, 101565]
 Edwin Osebe Nyangau, Hiroya Abe, Yuta Nakayasu, Masaki Umetsu, Masaru Watanabe, Chika Tada
 DOI: https://doi.org/10.1016/j.biteb.2023.101565

4)球状多孔質β型リン酸三カルシウム顆粒を用いたセメントの作製と評価
 [粉体および粉末冶金(Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy), 70(5), 2023, p.242-247]
 伊藤 佑一郎, 加藤 大夢, 梅津 将喜, 上高原 理暢
 DOI: https://doi.org/10.2497/jjspm.70.242

5)Semi-wet methanogen cathode composed of oak white charcoal for developing sustainable microbial fuel cells
 [Journal of Bioscience and Bioengineering, 135(6), 2023, p.480-486]
 Hiroto Nakano, Yuta Nakayasu, Masaki Umetsu, Chika Tada
 DOI: https://doi.org/10.1016/j.jbiosc.2023.03.009


【総説・解説・その他】
1)骨再生のためのリン酸カルシウム球状顆粒からなるセメントの作製
 [CERAMICS JAPAN, 58(9), 2023, p.588-591]
  梅津 将喜, 上高原 理暢
学会発表/Conference presentations
【口頭発表】
1) 球状多孔質顆粒を用いた多孔質リン酸八カルシウムセメントの作製と評価
 2024.03.15 日本セラミックス協会2024年年会 (熊本)
 ○上高原 理暢, 伊藤 佑一郎, 梅津 将喜

2) 血清成分の吸着による材料表面特性の変化が微生物付着性に与える影響
 2023.12.22 2023年度東北⼤学⾦属材料研究所共同研究ワークショップ・⽇本バイオマテリアル学会東北ブロック交流会 (宮城)
 ○梅津 将喜, 星 京吾, 堰合 亮太, 上高原 理暢

3) 二酸化炭素雰囲気下での焼結による水酸アパタイト多孔体の炭酸含有量の制御
 2023.11.10 無機マテリアル学会 第147回学術講演会 (宮城)
 ○上高原 理暢, 藤井 哲也, 梅津 将喜

4) 血清成分の吸着によるチタンの表面性状および微生物付着性の変化
 2023.11.07 第45回日本バイオマテリアル学会大会 (兵庫)
 ○梅津 将喜,堰合 亮太,星 京吾,上高原 理暢

5) 生体環境下でリン酸八カルシウムを析出し硬化するセメントの作製および評価
 2023.09.07 日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム (京都+オンライン)
 ○伊藤 佑一郎, 梅津 将喜, 上高原 理暢

6) 銀イオンの担持方法を変えたリン酸八カルシウム顆粒の作製と抗菌性評価
 2023.09.07 日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム (京都+オンライン)
 ○長浜 陵大, 梅津 将喜, 上高原 理暢

7) 地域住民参加型の超小型メタン発酵装置を活用した資源循環
 2023.06.17 日本畜産環境学会第21回大会(東京)
 ○野村 俊介, 中安 祐太, 大風 翼,梅津 将喜, 多田 千佳


【ポスター発表】
1) Significance of morphologically distinct biogenic jarosite particles in selenate removal from wastewater
 2024.03.04 ISPF (International Science Partnership Fund) Multinational Symposium on Resilient Planet (Delhi)
 ○Upasana JHARIYA, Mei-Fang CHIEN, Masaki UMETSU, Masanobu KAMITAKAHARA

2) 球状顆粒を用いることで微構造制御したリン酸八カルシウムを主結晶相とする多孔質セメントの作製
 2023.12.22 2023年度東北⼤学⾦属材料研究所共同研究ワークショップ・⽇本バイオマテリアル学会東北ブロック交流会 (宮城)
 ○伊藤 佑一郎, 梅津 将喜, 上高原 理暢

3) Controlled Precipitation of Jarosite and Schwertmannite and their Comparative Analysis for Adsorption of Toxic Oxyanions
 2023.11.27 International Conference on New Horizons in Biotechnology (NHBT-2023) (Thiruvananthapuram)
 ○Upasana JHARIYA, Mei-Fang CHIEN, Masaki UMETSU, Masanobu KAMITAKAHARA

4) Accumulation of Yeast Cells by Electrophoretic Deposition for Biosorption
 2023.11.27 International Conference on New Horizons in Biotechnology (NHBT-2023) (Thiruvananthapuram)
 ○Masaki UMETSU, Keita SUZUKI, Masanobu KAMITAKAHARA

5) 抗菌金属を固溶させたα型リン酸三カルシウムの作製
 2023.11.19 2023(令和5)年度 資源・素材学会東北支部 秋季大会および若手の会 (宮城)
 ○樋山 颯, 梅津 将喜, 上高原 理暢

6) 電気泳動堆積を利用した擬似バイオフィルム形成を伴う微生物固定化技術の開発
 2023.11.19 2023(令和5)年度 資源・素材学会東北支部 秋季大会および若手の会 (宮城)
 ○水越 千誉, 鈴木 渓太, 梅津 将喜, 上高原 理暢

7) 血清成分の吸着したガラスの大気中および水中での表面特性の評価
 2023.11.06 第45回日本バイオマテリアル学会大会 (兵庫)
 ○星 京吾,梅津 将喜,上高原 理暢

8) 純度の異なるチタン金属に対する種々の酸化処理が擬似体液中でのアパタイト形成能に与える影響
 2023.11.03 令和5年度 日本セラミックス協会 東北北海道支部 研究発表会 (新潟)
 ○岩間 永樹 , 梅津 将喜 , 上高原 理暢

9) 電気泳動堆積法を利用した酵母の集積における電圧と印加時間の影響
 2023.09.07 令和5年 電気学会 基礎・材料・共通部門大会 (愛知)
 ○鈴木 渓太 , 梅津 将喜 , 上高原 理暢

10) Enhancing Microbial Fuel Cell Performance with Optimized Carbon Nanotube-Based Electrodes
 2023.09.04 The 65th Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium (福岡)
 ○Minfang Zhang, Mei Yang, Ying Zhou, Don Futaba, Masaki Umetsu, Chika Tada

11) Livestock Wastewater Treatment and Power Generation Using Semi-Wet Biocathode Electrode MFC
 2023.07.12 FEMS2023 (Hamburg)
 ○Masato Ueno, Yosuke Watanabe, Tatsuya Kobayashi, Masaki Umetsu, Hidemitsu Furukawa, Chika Tada

12) Three-dimensional printing of electrodes for methanogen-cathode microbial fuel cells
 2023.07.11 FEMS2023 (Hamburg)
 Hiroto Nakano, Masaki Umetsu, Yuta Nakayasu, Koji Yokoyama, Hideyuki Takahashi, 〇Chika Tada

13) Controlled Precipitation of Iron Hydroxysulfates by Acidithiobacillus ferrooxidans and Evaluation of their Adsorption Ability for Toxic Oxyanions
 2023.07.09 Water and Environment Technology Conference Online2023 (WET2023-online) (オンライン)
 ○Upasana JHARIYA, Mei-Fang CHIEN, Masaki UMETSU, Masanobu KAMITAKAHARA

14) Microbial Fuel Cells Using Iron-Azaphthalocyanine Cathode towards Sustainable Wastewater Treatment
 2023.07.09 Water and Environment Technology Conference Online2023 (WET2023-online) (オンライン)
 ○Edwin O. NYANGAU, Hiroya ABE, Yuta NAKAYASU, Masaki UMETSU, Masaru WATANABE, Chika TADA

15) Improving the Performance of Semi-Wet Biocathode Electrode Microbial Fuel Cells by Chemical Surface Treatment of the Anode Electrode
 2023.07.08 Water and Environment Technology Conference Online2023 (WET2023-online) (オンライン)
 Hiroto NAKANO, Masaki UMETSU, Koji YOKOYAMA, Hideyuki TAKAHASHI, 〇Chika TADA

16)表面酸化したチタンの骨結合性と細胞接着特性の評価
 2023.06.08 資源・素材学会東北支部 2023(令和5)年度 春季大会 (宮城)
 ○岩間 永樹,梅津 将喜,上高原 理暢

17)電気泳動堆積を利用したチタン電極上への酵母の集積
 2023.06.08 資源・素材学会東北支部 2023(令和5)年度 春季大会 (宮城)
 ○鈴木 渓太,梅津 将喜,上高原 理暢

18)血清成分を吸着させた材料表面に対する微生物付着性の評価
 2023.06.08 資源・素材学会東北支部 2023(令和5)年度 春季大会 (宮城)
 ○星 京吾,梅津 将喜,上高原 理暢
講演会・セミナー発表など/Seminar Presentations
1)⾻代謝に組み込まれるリン酸カルシウム⼈⼯⾻の創製
 2023.08.04 第4回 東北大学材料科学フェスタ2023 (宮城)
 ○上高原 理暢
受賞/Awards
1) International Conference on New Horizons in Biotechnology (NHBT-2023)
 BEST POSTER AWARD :Upasana JHARIYA
 「Controlled Precipitation of Jarosite and Schwertmannite and their Comparative Analysis for Adsorption of Toxic Oxyanions」

2) 2023(令和5)年度 資源・素材学会東北支部 秋季大会および若手の会
 優秀ポスター発表賞:樋山 颯
 「抗菌金属を固溶させたα型リン酸三カルシウムの作製」

3) 東北大学大学院環境科学研究科 第5回環境科学討論会
 優秀賞 および 環境科学研究科長賞(DOWA賞) :Upasana JHARIYA
 「Controlled synthesis of biogenic iron compounds nanoparticles and its application for treatment of wastewater contaminated with heavy metals」

4) 令和5年 電気学会 基礎・材料・共通部門大会
 若手ポスター優秀賞 (Young Researcher Poster Competition in Japanese) :鈴木 渓太
 「電気泳動堆積法を利用した酵母の集積における電圧と印加時間の影響」

5) 粉体粉末冶金協会 2022年度協会賞(第61回協会賞)
 論文賞 :加藤 大夢,松原 秀彰,寺坂 宗太, 高田 真之,上高原 理暢
 「超微粒超硬合金の曲げ破壊の実験とDEMシミュレーション」
 

2022年度(令和4年度)

投稿論文/Publications
【研究論文】
1)Calcium phosphate cements comprising spherical porous calcium phosphate granules: synthesis, structure, and properties
 [Journal of Asian Ceramic Societies, 10(4), 2022, p.731-738]
 Masanobu Kamitakahara,Kanau Asahara,Hideaki Matsubara
 DOI: https://doi.org/10.1080/21870764.2022.2123514

2)超微粒超硬合金の曲げ破壊の実験とDEMシミュレーション
 [粉体および粉末冶金(Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy), 69(6), 2022, p.249-256]
 加藤 大夢,松原 秀彰,寺坂 宗太, 高田 真之,上高原 理暢
 DOI: https://doi.org/10.2497/jjspm.69.249


【総説・解説・その他】
1)リン酸カルシウム球状多孔質顆粒の作製とその医療応用
 [PHOSPHORUS LETTER, 106, 2023, p.7-17]
 上高原 理暢,梅津 将喜

2)微生物と非生物の狭間から見る付着性
 [微生物工学会誌 バイオミディア, 100(7), 2022, p.380]
 梅津 将喜
 DOI: https://doi.org/10.34565/seibutsukogaku.100.7_380
学会発表/Conference presentations
【口頭発表】
1)ニッケル含有リン酸カルシウム担体上でのメタン生成菌の挙動
 2023.03.15-03.17 第57回日本水環境学会年会(愛媛+オンライン)
 ○梅津 将喜,上高原 理暢

2)雰囲気制御した焼結による水酸アパタイト焼結体の微構造と組成の制御
 2022.11.10-11.11 令和4年度 日本セラミックス協会 東北北海道支部研究発表会 (山形)
 ○藤井 哲也,梅津 将喜,上高原 理暢

3)種々のβ型リン酸三カルシウム顆粒を用いた連通孔を有するセメントの作製
 2022.11.10-11.11 令和4年度 日本セラミックス協会 東北北海道支部研究発表会 (山形)
 ○伊藤 佑一郎,加藤 大夢,梅津 将喜,上高原 理暢

4)リン酸カルシウムと種々の生体吸収性高分子を複合化したペースト状人工骨の作製
 2022.09.11-15 日本セラミックス協会 第35回秋季シンポジウム (徳島+オンライン)
 ○加藤 翔,梅津 将喜,上高原 理暢, 吉原 久美子, 吉田 靖弘

5)純チタンの表面酸化による酵母の付着と脱着の制御
 2022.09.11-15 日本セラミックス協会 第35回秋季シンポジウム (徳島+オンライン)
 ○堰合 亮太,梅津 将喜, 簡 梅芳,上高原 理暢

6)形状と気孔率の異なるβ型リン酸三カルシウム顆粒を用いたセメントの作製と評価
 2022.05.24-05.26 粉体粉末冶金協会 2022年度春季大会(第129回講演大会) (オンライン)
 ○伊藤 佑一郎,加藤 大夢,梅津 将喜,上高原 理暢

7)薬剤の担持方法を変えたリン酸八カルシウム顆粒の作製
 2022.05.24-05.26 粉体粉末冶金協会 2022年度春季大会(第129回講演大会) (オンライン)
 ○長浜 陵大,梅津 将喜,上高原 理暢

8)リン酸八カルシウム析出による硬化反応を利用した多孔質リン酸カルシウムセメントの作製
 2022.05.24-05.26 粉体粉末冶金協会 2022年度春季大会(第129回講演大会) (オンライン)
 ○上高原 理暢,加藤 大夢,梅津 将喜

9)ニッケル添加リン酸カルシウム担体によるメタン生成菌の培養
 2022.05.24-05.26 粉体粉末冶金協会 2022年度春季大会(第129回講演大会) (オンライン)
 ○梅津 将喜,上高原 理暢


【ポスター発表】
1) Fabrication and Evaluation of Porous Calcium Phosphate Cements with Controlled Microstructure Using Spherical Porous Granules
 2022.12.11-12.13 The 20th Asian BioCeramics Symposium (ABC2022) (富山+オンライン)
 ○Masaki Umetsu, Yuichiro Ito, Hiromu Kato, Masanobu Kamitakahara

2) チタン表面への血清成分吸着が微生物付着挙動に与える影響
 2022.10.31-11.03 日本微生物生態学会 第35回大会 (北海道)
 ○梅津 将喜, 堰合 亮太, 星 京吾, 上高原 理暢

3)種々の生体吸収性高分子の添加がリン酸カルシウムペーストの特性に与える影響
 2022.10.26 2022年度 東北大学金属材料研究所共同研究ワークショップ/日本バイオマテリアル学会東北ブロック講演会 (宮城+オンライン)
 ○加藤 翔,梅津 将喜,上高原 理暢, 吉原 久美子, 吉田 靖弘

4)銀イオン担持方法によるリン酸八カルシウム顆粒からの銀イオン放出挙動の制御
 2022.10.26 2022年度 東北大学金属材料研究所共同研究ワークショップ/日本バイオマテリアル学会東北ブロック講演会 (宮城+オンライン)
 ○長浜 陵大,梅津 将喜,上高原 理暢

5)Methane production and microbial community under mesophilic anaerobic digestions which added various white charcoals
 2022.09.14-09.16 International Water Association (IWA) World Water Congress & Exhibition 2022 (Copenhargen)
 〇Hiroto Nakano, Yuta Nakayasu,Masaki Umetsu, Chika Tada

6)Effect of Chemical Surface Modification of Carbon Felt on Preventing Methanogen Adhesion
 2022.07.09-07.10 Water and Environment Technology Conference Online2022 (WET2022-online) (オンライン)
 〇Hiroto Nakano,Masaki Umetsu, Koji Yokoyama, Hideyuki Takahashi, Chika Tada
受賞/Awards
1) 東北大学金属材料研究所共同研究ワークショップ/日本バイオマテリアル学会東北ブロック講演会
 最優秀ポスター発表賞加藤 翔
 「種々の生体吸収性高分子の添加がリン酸カルシウムペーストの特性に与える影響」

2021年度(令和3年度)

投稿論文/Publications
【研究論文】
1)Sustainable process for enhanced CO2 mineralization of calcium silicates using a recyclable chelating agent under alkaline conditions 
 [Journal of Environmental Chemical Engineering, 10(1), 2022, 107055]
 Jiajie Wang,Noriaki Watanabe,Kosuke Inomoto,Masanobu Kamitakahara,Kengo Nakamura,Takeshi Komai,Noriyoshi Tsuchiya
 DOI: https://doi.org/10.1016/j.jece.2021.107055

2)Preparing dense Yb2SiO5 sintered bodies from Yb–Si–O powder synthesized by the polymerizable complex method and appropriate calcination
 [Journal of the Ceramic Society of Japan, 130(1), 2022, p.118-122]
 Taishi Yokoi,Hideaki Matsubara,Takuto Kamitani,Sota Terasaka,Masanobu Kamitakahara
 DOI: https://doi.org/10.2109/jcersj2.21083

3)Enhancement of aragonite mineralization with a chelating agent for CO2 storage and utilization at low to moderate temperatures
 [Scientific Reports, 11(1), 2022, 13956]
 Jiajie Wang, Noriaki Watanabe, Kosuke Inomoto,Masanobu Kamitakahara, Kengo Nakamura, Takeshi Komai, Noriyoshi Tsuchiya
 DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-93550-9

4)アルミナの焼結と粒成長に関するモンテカルロ・シミュレーションと実験の研究
 [粉体および粉末冶金(Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy), 68(7), 2021, p.271-277]
 寺坂 宗太,松原 秀彰, 青木 英彦, 野村 浩, 木村 禎一,上高原 理暢
 DOI: https://doi.org/10.2497/jjspm.68.271
学会発表/Conference presentations
【口頭発表】
1)白炭を活用したセミドライバイオカソード微生物燃料電池の開発
 2022.03.16-03.19 第56回日本水環境学会年会 (オンライン)
 ○仲野 博斗, 中安 祐太,梅津 将喜, 多田 千佳

2)α型リン酸三カルシウムと生体吸収性高分子からなるペースト状人工骨の作製
 2022.03.10-03.12 日本セラミックス協会2022年年会 (東京+オンライン)
 ○加藤 翔,梅津 将喜,上高原 理暢, 吉原 久美子, 吉田 靖弘

3)純チタンの表面酸化と紫外線照射が酵母付着性に与える影響の評価
 2022.03.10-03.12 日本セラミックス協会2022年年会 (東京+オンライン)
 ○堰合 亮太,梅津 将喜,上高原 理暢

4)二酸化炭素雰囲気下における水酸アパタイトの焼結挙動の解明
 2022.03.10-03.12 日本セラミックス協会2022年年会 (東京+オンライン)
 ○藤井 哲也,梅津 将喜,上高原 理暢

5)骨再生のための球状多孔体を用いた多孔質リン酸カルシウムセメントの作製と評価
 2022.01.08-01.09 第60回セラミックス基礎科学討論会 (熊本+オンライン)
 ○加藤 大夢,梅津 将喜,松原 秀彰,上高原 理暢

6)Improved microbial fuel cell efficiency using a methanogen cathode electrode
 2021.12.13-12.16 Material Research Meeting 2021 (MRM2021) (神奈川+オンライン)
 ○Chika Tada,Masaki Umetsu, Hideyuki Takahashi

7)多孔質球状顆粒を用いて微構造を制御した多孔質リン酸カルシウムセメントの作製
 2021.11.28-11.30 第43回日本バイオマテリアル学会大会/第8回アジアバイオマテリアル学会 (愛知+オンライン)
 ○上高原 理暢,加藤 大夢,淺原 叶,梅津 将喜,松原 秀彰

8)球状多孔体を用いた多孔質リン酸カルシウムセメントの設計と作製
 2021.09.01-09.03 日本セラミックス協会 第34回秋季シンポジウム (オンライン)
 ○加藤 大夢,梅津 将喜,松原 秀彰,上高原 理暢

9)微生物燃料電池のメタン菌カソード電極材料として利用する白炭種
 2021.06.19 日本畜産環境学会第19回大会 (オンライン)
 ○仲野 博斗, 中安 祐太,梅津 将喜, 多田 千佳


【ポスター発表】
1) Examination of a Carbon Nanotube-Dispersed Methanogen Culture Method for Producing Methanogen Biocathodes
 2021.12.13-12.16 Material Research Meeting 2021 (MRM2021) (神奈川+オンライン)
 ○Masaki Umetsu, Minfang Zhang, Atsuko Sekiguchi, Hideyuki Takahashi, Chika Tada

2) 骨再生のための球状多孔体を用いた多孔質リン酸カルシウムセメントの作製
 2021.09.29-09.30 2021年度 東北大学金属材料研究所共同研究ワークショップ/日本バイオマテリアル学会東北ブロック講演会 (オンライン)
 ○加藤 大夢, 梅津 将喜, 松原 秀彰, 上高原 理暢
受賞/Awards
1) 東北大学大学院環境科学研究科 第3回環境科学討論会
 優秀賞:堰合 亮太
 「純チタンを酸化した試料上での微生物の付着および脱着の制御」