ホーム

ようこそ

  • Smart_Lab

 本研究室では、物質合成を基盤にした総合的研究を通して、磁性・超伝導・トポロジカル相などの強相関電子系の物理を探求しています。既存の枠組みでは記述できない新奇な巨視的量子物性を発見することを究極の目標に定めています。

 本研究室は、2014年4月に発足した新しい研究室です。私たちと共に新しい強相関電子系の物理を拓く若き才能を求めています。配属に興味のある方は、是非気軽に研究室の扉を叩いて下さい。

配属を希望される方へ

最近のできごと

  •   研究活動    大型放射光施設SPring-8で実験を行ってきました(10月) → アルバム
  •   イベント    広瀬川で芋煮をしました(9月) → アルバム
  •   対外発表    日本物理学会2018年秋季大会(@同志社大学 京田辺キャンパス)では以下の講演を行いました(9/9-9/12)↓
    • 11aB203-12 “擬一次元梯子型鉄系化合物BaFe2(Se1-S)3における基礎物性測定”,
      今泉聖司, 青山拓也, 佐伯雄大, 今井良宗, 大串研也
    • 11aC117-9 “超高分解能粉末中性子回折によるスピネルFeCr2O4の磁気構造研究”,
      富安啓輔, 石橋広記, Sanghyun Lee, 萩原雅人, 鳥居周輝, 神山崇
    • 9pB202-12 “中性子非弾性散乱と理論計算の融合によるLaCoO3の研究”,
      富安啓輔, 野村拓司, 小林義彦, 吉村麻衣子, 河村聖子
    • 9pB105-5 “非対角応答の観測による拡張奇パリティ他極子伝導系の開拓”,
      大串研也
  •   論文投稿    論文 “Crystal structure determination under high pressure in the iron-based ladder superconductor BaFe2S3” が「Superconductor Science and Technology」に掲載されました(8/28) → 論文の詳細

これより以前のできごとはこちら


内部用