東北大学 埋蔵文化財 調査室 考古学
 2017年度のお知らせ 
2018年1/15-2/9企画展示「川内キャンパスのむかしむかしT〜仙台城跡二の丸〜」を東北大学史料館で実施しました。 詳細は こちら (pdf形式 8.91mb)から 
9/9青葉山・八木山フットパスづくり「有史以前・以後の青葉山の住人を訪ねるを実施しました。 詳細は こちら から 
2017年度に刊行した遺跡発掘調査報告書と年次報告が公開されました。
 遺跡発掘調査報告書(仙台城跡二の丸第18地点)
  ダウンロード(全国遺跡報告総覧) ダウンロード(東北大学機関リポジトリTOUR)
 年次報告(本室の2015年度の活動報告)
  ダウンロード(全国遺跡報告総覧) ダウンロード(東北大学機関リポジトリTOUR)  
9/25〜11/26(会場:附属図書館)、2018年1/15-2/9(会場:史料館)企画展示「川内キャンパスのむかしむかしT〜仙台城跡二の丸〜」を開催しました。
   
 大変好評頂きまして無事終了いたしました。近々、次の展示を開始します。
9/9「青葉山・八木山フットパスづくり主催「有史以前・以後の青葉山の住人を訪ねる」に参加しました。 
 
たまきさんサロンでのレクチャーの様子
「青葉山・八木山フットパスの会」の依頼を受けて、「青葉山の歴史」と題して、 たまきさんサロンにてレクチャーを行い、青葉山・植物園、川内南キャンパスを巡りました。参加者は48名とのことでした。詳細については、「青葉山・八木山フットパスの会」にて掲載されています。 ブログ http://footpath980.blog.fc2.com/
5/4東北大学附属植物園「植物園の日」に参加しました。 

植物園内の古碑を説明している状況
東北大学附属図書館のイベント「植物園の日」のガイドツアーの一つとして、 「文化財からみる青葉山の歴史」と題して、東北大学附属植物園にてレクチャーし、植物園内を巡りました。 参加者は66名とのことでした。
 2016年度のお知らせ 
12/23東北大学大学院国際文化研究科主催「公開講演会土中より現れいづる仙台城の面影」に参加しました。  
 
遺物説明の様子
東北大学大学院国際文化研究科深澤研究室の依頼を受け、公開講演会に参加しました。「仙台城跡二の丸地区と武家屋敷-東北大学川内南・北キャンバスの発掘調査成果-」と題する講演と、出土遺物の紹介を行いました。参加者は63名とのことでした。
・『宮城県被災文化財等保全連絡会議活動報告書』に活動が掲載されました。
  ダウンロード (pdf形式 831kb) 
・構内遺跡の案内リーフレットを作成しました。
  川内南地区(仙台城跡二の丸地区) ダウンロード(pdf形式 749kb)
  川内北地区(仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区) ダウンロード(pdf形式 779kb)
  青葉山地区(青地山遺跡群) ダウンロード(pdf形式 586kb)
  富沢地区(芦ノ口遺跡) ダウンロード(pdf形式 722kb) 
・今年刊行した遺跡発掘調査報告書と年次報告が公開されました
 遺跡発掘調査報告書(仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第16地点
   ダウンロード(全国遺跡報告総覧) ダウンロード(東北大学機関リポジトリTOUR)
 年次報告(本室の2014年度の活動報告)

   ダウンロード(全国遺跡報告総覧) ダウンロード(東北大学機関リポジトリTOUR) 
2015年度のお知らせ 
・宮城県遺跡調査成果発表会にて、仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第14地点に関して報告しました。資料はこちら(pdf形式 1.16mb)
・2015年度刊行した遺跡発掘調査報告書と年次報告が公開されました。 
  遺跡発掘調査報告書(芦ノ口遺跡第9次調査・青葉山E遺跡第9次調査)
   ダウンロード(全国遺跡報告総覧) ダウンロード(東北大学機関リポジトリTOUR)
 年次報告(本室の2013年度の活動報告)

   ダウンロード(全国遺跡報告総覧) ダウンロード(東北大学機関リポジトリTOUR)
・ 調査終了(青葉山E遺跡第10次調査:10月30日更新) 説明はこちら
・ 調査終了(仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第14地点の調査)
・仙台城跡二の丸第18地点 現地説明会(2014年6月14日開催)
  資料ダウンロード (pdf形式,458kb)
・仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第15地点 現地説明会(2014年10月28日開催)
  資料ダウンロード (pdf形式,878kb)

東北大学埋蔵文化財調査室
〒980-8577 仙台市青葉区片平2丁目1−1
Tel.022(217)4995 Fax.022(217)5103
このサイトの内容を許可なく転載・頒布することを禁じます
Copyright 2012-
Archaeological Research office on the Campus, Tohoku University