瀧宮和男

top > People > Kazuo Takimiya

学歴

education
  • 1994年3月 広島大学大学院工学研究科工業化学専攻 博士課程後期修了 博士(工学)取得 指導教官:小倉 文夫 教授
  • 1989年3月 広島大学工学部 第三類(化学系)卒業
  • 職歴

    employment
  • 2018年4月~現在 理化学研究所 創発物性科学研究センター 創発分子機能研究チーム チームリーダー 兼任
  • 2017年4月~現在 東北大学大学院理学研究科化学専攻 教授
  • 2013年4月~2018年 3月 理化学研究所 創発物性科学研究センター 創発分子機能研究グループ グループディレクター
  • 2012年4月~2013年3月 理化学研究所 基幹研究 創発分子機能研究チーム チームリーダー
  • 2007年4月~2013年3月 広島大学大学院 工学研究科 教授
  • 2003年7月~2007年3月 広島大学大学院 工学研究科 助教授
  • 1998年9月~2003年6月 広島大学大学院 工学研究科 助手
  • 1997年9月~1998年8月 デンマーク・オーデンセ大学 博士研究員
  • 1994年6月~1997年8月 広島大学工学部 助手
  • 1994年4月~1994年5月 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 1993年4月~1994年3月 日本学術振興会特別研究員(DC)
  • 専門分野

    research field and interests
    有機合成化学、構造有機化学、機能性有機化学

    受賞

    awards
  • 平成30年 Highly Cited Researchers 2018(Clarivate Analytics)
  • 平成26年 日本化学会第32回学術賞
  • 平成23年 日本化学会欧文誌論文賞(BCSJ Award Article)
  • 平成22年 日本化学会欧文誌論文賞(BCSJ Award Article)
  • 平成20年 有機合成化学協会 DIC機能材料賞
  • 平成12年 日本化学会 「若い世代の特別講演」
  • 平成9年 有機合成化学協会中国四国支部奨励賞
  • 平成8年 有機合成化学協会 研究企画賞
  • 代表的論文

    representative papers
  • Takimiya, K.; Shinamura, S.; Osaka, I.; Miyazaki, E., Thienoacene-Based Organic Semiconductors. Adv. Mater. 2011, 23, (38), 4347-4370.
  • Shinamura, S.; Osaka, I.; Miyazaki, E.; Nakao, A.; Yamagishi, M.; Takeya, J.; Takimiya, K., Linear- and Angular-Shaped Naphthodithiophenes: Selective Synthesis, Properties, and Application to Organic Field-Effect Transistors. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, (13), 5024-5035.
  • amamoto, T.; Takimiya, K., Facile synthesis of highly pi-extended heteroarenes, dinaphtho[2,3-b: 2',3'-f]chalcogenopheno[3,2-b]chalcogenophenes, and their application to field-effect transistors. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, (8), 2224-2225.
  • Ebata, H.; Izawa, T.; Miyazaki, E.; Takimiya, K.; Ikeda, M.; Kuwabara, H.; Yui, T., Highly soluble [1]benzothieno[3,2-b]benzothiophene (BTBT) derivatives for high-performance, solution-processed organic field-effect transistors. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, (51), 15732-15733.