top > About us

研究グループについて

2017年4月、研究室主宰者の瀧宮が縁あって東北大学理学研究科化学専攻に着任しました。
それまでの所属である理研創発物性科学研究センター創発分子機能研究チーム・チームリーダーを兼任しつつ、「合成化学で機能を創る」をモットーに、有機合成化学を基盤として構造有機化学、有機機能性材料、有機半導体デバイス研究を推進する「有機化学第二研究室」を立ち上げています。

理研メンバーの助けも借りながら研究室の片付けから着手し、2017年8月には助教の川畑が着任、9月には実験室、居室の配置換えのための改修工事、備品移設、装置・物品調達などを急ピッチで行い、10月に瀧宮・川畑研究室の第一期生となる3年生6名を迎えました。
2018年4月に新たに修士1年生2名(1.5期生)が加わり、現在、学部4年生6名とあわせ、計10名プラスαの小規模な研究室です。

研究室は有機合成実験室と分析・評価室、デバイス実験室、及び居室・セミナー室で構成されています。既に本格的に稼働しているS708有機合成実験室、S709分析室・ストック室に加え、この夏には新たにS710有機合成実験室の改修と立ち上げに着手します。また、材料評価、薄膜作製、デバイス作製・評価のための機器・装置類も徐々に立ち上っており、新たに開発した有機機能性分子の光・電気化学的性質や熱的性質に加え、伝導性、トランジスタ特性なども評価できるようになりつつあります。