日本思想史学会・2019年度大会に参加!

2019年11月2日から翌日にかけて茨城大学にて行われた日本思想史学会の2019年度大会に、近代日本研究ゼミの院生が参加してきました。

一日目、クラウタウ先生がシンポジウム「中世から近世へ――16・17世紀の思想史的課題」の司会を務めました。シンポジウムでは明星大学の前田雅之先生「中世から近世へ―古典注釈の展開を通して」、愛知学院大の下川玲子先生「朱子学的理の確立――16・17世紀の思想史的意義」、國學院大の齋藤公太先生「16・17世紀における『神皇正統記』の受容と正統論の形成」の報告があり、それらに対して学習院大の兵藤裕己先生やハイデルベルグ大学のアンナ・アンドレーヴァ先生がコメントされました。出席者も多く、議論が大いに盛り上がりました。

大会二日目の11月3日に、ゼミ生の山口陽子氏および呉佩遙氏が第二部会で報告しました。山口氏「加藤咄堂と品性修養――禅による感化」に対して、平山洋先生(静岡県立大学)や大谷栄一先生(佛教大学)などから質問があり、世紀転換期の仏教者による禅と国民道徳との関係が問われました。呉氏「中国仏教史の創出――境野黄洋の支那論に関する一考察」に対しても多くの質問があり、国立民族学博物館の石原和先生は境野の叙述と内藤湖南ら同時代の「東洋」論者との関係について指摘されました。東北福祉大の前身たる曹洞宗専門支校で勉強した境野をめぐって、同大学所属の冨樫進先生からも助言があって、司会の林淳先生(愛知学院大)からも多くの指摘を頂き、二人とも今後につながる、充実した報告でした。

平山先生の質問に答える山口氏、そして境野の「支那」を新仏教運動との関係で説明する呉氏。最後は近代仏教研究関係者の集合写真!

今回も無論、懇親会後の二次会まで話が続き、地ビールの常陸野ネストを頂きました!

This entry was posted in 学術大会. Bookmark the permalink.