インタビュー|奥山恵美子(仙台市長)
nterview of Sendai Mayor, Emiko Okuyama


東北復興次世代エネルギー
研究開発プロジェクトへの期待

東日本大震災の被災地である宮城・岩手県の5市。
各市長へ本プロジェクトに対する想いや意気込みを伺いました。

 東日本大震災では停電が長期に渡り、燃料調達も困難な状況に陥ったことから被災時における電力確保の重要性を再 認識し、行政による公的燃料備蓄の体制を見直すとともに、企業などにおける自家発電設備の整備、そして自然エネルギーを活用した電力確保など非常時対応力の強化に向けた取り組みをはじめております。
 今回の研究地となる、南蒲生浄化センターは、仙台市の約7 割、日平均で約32 万m3の汚水を処理する下水処理場ですが、東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けました。施設の完全復旧には、5年ほどかかる予定ですが、施設の復旧の歩みと時を同じくして、これまでエネルギーを消費して処理を行っている下水が、市民を支えるエネルギーに転換する微細藻類を用いた次世代エネルギーの研究・開発を行うことで、将来的には各地の下水処理施設への応用可能な モデルケースとなればと期待を寄せております。

tohji kazuyuki

研究代表

田路和幸

Kazuyuki Tohji

東北大学大学院
環境科学研究科長
教授

エネルギーは人類文明史の在り方を根本的に規定してきました。火の利用から始まって、化石燃料の...続きを読む

sendai mayor

仙台市長

奥山恵美子

Emiko Okuyama
SENDAI Mayor

東日本大震災では停電が長期に渡り、燃料調達も困難な状況に陥ったことから被災時における電力確....続きを読む

kuji mayor

久慈市長

山内隆文

Takahumi Yamauchi
KUJI Mayor

昨年7月に策定しました久慈市復興計画の大きな柱の中に、「再生可能エネルギーの供給基地」を....続きを読む

ishinomaki mayor

石巻市長

亀山 紘

Hiroshi Kameyama
ISHINOMAKI Mayor

東日本大震災は、石巻市に未曽有の被害をもたらしました。一日も早い復旧・復興に努める日々の....続きを読む

shiogama mayor

塩釜市長

佐藤 昭

Akira Sato
SHIOGAMA Mayor

塩竈市では平成15 年に「塩竈市地域新エネルギービジョン」を策定し、バイオディーゼルの導入に....続きを読む

shiogama mayor

大崎市長

伊藤康志

Yasushi Ito
OSAKI Mayor

大崎市は2006 年3月、旧1 市6 町が合併して誕生した、県内2 番目の広さ、3 番目の人口を持つ県北の....続きを読む