インタビュー|伊藤康志(大崎市長)
Interview of Osaki Mayor, Yasushi Ito


東北復興次世代エネルギー
研究開発プロジェクトへの期待

東日本大震災の被災地である宮城・岩手県の5市。
各市長へ本プロジェクトに対する想いや意気込みを伺いました。

 大崎市は2006 年3月、旧1 市6 町が合併して誕生した、県内2 番目の広さ、3 番目の人口を持つ県北の中核都市。東日本大震災による未曾有の被害は、沿岸部を襲った巨大津波や福島第一原子力発電所の事故などがクローズアップされ ておりますが、本市の建物への被害も1 万件以上にのぼり、内陸部として最大級の被害に見舞われました。被災直後にライフラインが寸断され、電気も復旧まで時間を要し生活に支障を来したことから、エネルギー源の多様化・分散化が必要となっています。大崎市震災復興計画でも、再生可能エネルギーの促進は課題の一つであり、東北の湯治場として名高い鳴子温泉郷とラムサール条約湿地に登録された「化女沼」「蕪栗沼・周辺水田」などの豊かな自然環境を、観光資源としてだけでなく、太陽光、バイオマス、地熱など、エネルギー資源として活用していきたいと考えております。今回、鳴子温泉郷の温泉熱を利用した新エネルギーの開発・研究に大きな期待を寄せております。

tohji kazuyuki

研究代表

田路和幸

Kazuyuki Tohji

東北大学大学院
環境科学研究科長
教授

エネルギーは人類文明史の在り方を根本的に規定してきました。火の利用から始まって、化石燃料の...続きを読む

sendai mayor

仙台市長

奥山恵美子

Emiko Okuyama
SENDAI Mayor

東日本大震災では停電が長期に渡り、燃料調達も困難な状況に陥ったことから被災時における電力確....続きを読む

kuji mayor

久慈市長

山内隆文

Takahumi Yamauchi
KUJI Mayor

昨年7月に策定しました久慈市復興計画の大きな柱の中に、「再生可能エネルギーの供給基地」を....続きを読む

ishinomaki mayor

石巻市長

亀山 紘

Hiroshi Kameyama
ISHINOMAKI Mayor

東日本大震災は、石巻市に未曽有の被害をもたらしました。一日も早い復旧・復興に努める日々の....続きを読む

shiogama mayor

塩釜市長

佐藤 昭

Akira Sato
SHIOGAMA Mayor

塩竈市では平成15 年に「塩竈市地域新エネルギービジョン」を策定し、バイオディーゼルの導入に....続きを読む

shiogama mayor

大崎市長

伊藤康志

Yasushi Ito
OSAKI Mayor

大崎市は2006 年3月、旧1 市6 町が合併して誕生した、県内2 番目の広さ、3 番目の人口を持つ県北の....続きを読む