トップ/Top
研究/Research
教職員/Staffs
学生/Students
就職先/Career
授業/Lecture
アクセス/Access
リンク/Links








新堀研究室の教職員紹介
Staffs of Niibori Lab.

教授 / Professor
niibori.jpg
新堀 雄一/Yuichi Niibori



 研究は、地下環境の様々な現象のアナロジを整備し、局所的な不均一性とシステムの全体特性との関係について考慮しながら、放射性廃棄物処分場システムの性能評価の高度化を目指しています。趣味は絵画鑑賞。学生時代(高校・大学)は美術部に所属していました。

<研究課題>
・地下帯水層における放射性核種を含む物質移動に関する研究
・シリカおよび方解石の溶解速度
・多孔質層における水-水蒸気二相流に関する基礎的研究

<研究キーワード>
放射性廃棄物の地層処分, 地下移動現象, 反応工学

<所属学会>
・日本原子力学会
・日本地熱学会
・資源・素材学会

<学会活動・学会役員>
・日本原子力学会・編集委員・分野責任者 (2002-2005)
・日本原子力学会・標準委員会原子燃料サイクル専門部会 余裕深度処分安全評価分科会 副主査 (2005-)
・日本地熱学会・編集委員長 (2006-)

<主要著書>
原子力がひらく世紀(第8章 放射性廃棄物の処理処分(改訂部)).[(2004)] 新堀雄一

<主要論文>
・Understanding the Influence of Spatially Varying Retardation Effect on the Solute Transport.[Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXVII, Material Research Society,807,(2004),645-650] Yuichi Niibori, Satoko Shimoda, Kouichi Tanaka and Osamu Tochiyama
・Dissolution Rates of Amorphous Silica in Highly Alkaline Solution.[Journal of Nuclear Science and Technology,37(4),(2000),349-357] Yuichi NIIBORI, Masahisa KUNITA, Osamu TOCHIYAMA and Tadashi CHIDA
・Hydrodynamic Dispersion and Mass Transfer in Unsaturated Flow.[Water Resources Research,35,(1999),1065-1077] Daisuke HAGA, Yuichi NIIBORI and Tadashi CHIDA
・DYNAMIC BEHAVIOR OF COLLOIDAL SILICA IN THE PRESENCE OF SOLID PHASE.[Scientific Basis for Nuclear Waste Management,757,(2003),497-502] Taiji CHIDA, Yuichi NIIBORI, Osamu TOCHIYAMA , and Kouichi TANAKA
・Design of the BHP System Considering the Heat Transport of Groundwater Flow.[Proceedings of World Geothermal Congress 2005 (CD-ROM) Paper No. 1422,(2005),1-6] Yuichi Niibori, Yoshimi Iwata, Shigehiro Ichinose and Genzaburou Fukaya

<主要総説・解説記事>
エネルギ-情勢とプルサ-マルについて.[東北原子力懇談会 コミュニケーションシリーズひろば,295,(2002),1-48] 新堀雄一

<学術関係受賞>
・日本原子力学会再処理・リサイクル部会セミナーポスター優秀賞 (2007)
・日本原子力学会バックエンド部会賞優秀講演賞 (2008)
・日本地熱学会論文賞 (2008)

<学外の社会活動>
・東北大学原子力安全セミナー(公開講座) (2005)
・出前授業 (宮城県 鼎ガ浦高等学校) 原子力エネルギーと環境問題(その他) (2003)
・大学等地域開放特別事業『大学Jr.サイエンス&ものづくり』:机の上で飛行機雲を作ってみよう!(対象:小学生、中学生および父兄)(その他) (2003)

<行政機関・企業・NPO等参加>
・経済産業省(国) 総合資源エネルギー調査会 臨時委員 (原子力部会核燃料サイクル技術検討小委員会) (2001-)
・原子力発電環境整備機構(その他) 技術アドバイサリー委員会 専門委員 (2001-)
・日本原燃株式会社(民間企業) 品質保証に係る顧問会 顧問 (2004-)


講師 /Senior Assistant Professor
chida.jpg
千田 太詩/Taiji Chida

 故郷は青森県、東北大学を卒業後、八年半の電力中央研究所勤務を経て2013年4月より現職となります。放射性廃棄物処分の研究は,これまで工学分野では扱われたことがないような超長期の時間軸を想定する必要があります。また、世代間にまたがる事業となることが予想されるため、知識や技術の継承も含めて後世にバトンを受け渡していかなければなりません。「この問題は大事なことなんだ」と感じる瞬間の連続が未来につながるよう、みんなで一緒に一歩ずつ進んでいきましょう。
趣味:街角散策(横丁や路地裏とか)
部活歴:卓球(小中高)/応援団(大学)

<研究課題>
・ケイ酸の溶解および析出に伴う核種移行挙動変化に関する研究
・ケイ酸塩鉱物における核種固定化機構に関する研究

<研究キーワード>
放射性廃棄物処分,化学工学,地圏環境,ケイ酸

<所属学会>
日本原子力学会

<主要論文>
・DYNAMIC BEHAVIOR OF COLLOIDAL SILICA IN THE PRESENCE OF SOLID PHASE.[Scientific Basis for Nuclear Waste Management,757,(2003),497-502] Taiji CHIDA, Yuichi NIIBORI, Osamu TOCHIYAMA , and Kouichi TANAKA
・Dissolution Rate of Colloidal Silica in Highly Alkaline Solution. [Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXVIII, Material Research Society, 824, 467-472 (2004)] Taiji Chida, Yuich Niibori, Osamu, Tochiyama, Hitoshi Mimura and Koichi Tanaka
・Deposition Rates of Polysilicic Acid with up to 10-3 M Calcium Ions. [Applied Geochemistry, 22(12), 2810-2816 (2007]]. Taiji Chida, Yuich Niibori, Osamu, Tochiyama, Hitoshi Mimura and Koichi Tanaka
・Observation of Diffusion Behavior of Trace Elements in Hardened Cement Pastes by LA-ICP-MS. [Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXI, Material Research Society, 1107, 585-592 (2008)] Taiji Chida and Daisuke Sugiyama
・Diffusion Behavior of Organic Carbon and Iodine in Low-Heat Portland Cement Containing Fly Ash. [Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXII, Material Research Society, 1124, 379-384 (2009)], Taiji Chida and Daisuke Sugiyama
・放射性廃棄物処分の専門的知見集積に関するコミュニケーションの観点からの一考察.[保健物理(日本保健物理学会),45(No.2),153-160 (2010)] 杉山大輔,千田太詩,木村浩,古川匡

 

 
秘書 / Secretary
奈須野 朋子/Tomoko Nasuno
 受託研究員/Resercher
嶋田 学
 

新堀研究室

新堀研究室

新堀研究室

新堀研究室

新堀研究室

新堀研究室

原子力地質工学分野