松山・菊池研究室

「科学」「医療」「産業」へ貢献するため、私たちは肉眼的な観察では明らかにできない情報を分析し、可視化する技術を開発しています。
これらは量子的な現象の理解と、量子ビーム/放射線の制御と計測によって可能になります。本研究室に興味のある方は是非研究分野研究紹介をご覧ください

粒子ビームを利用した量子イメージング技術の開発

粒子加速器で発生させた粒子ビームをマイクロ・ナノメートル径まで収束させたものをマイクロビーム/ナノビームと呼びます。高度な技術を要するこれらの粒子ビームの形成と制御は微小領域の量子ビームイメージングに不可欠な土台といえ …

詳細を確認する

世界で唯一のミクロンCTシステム

粒子ビームイメージング研究のもう一つの柱が、ミクロンの解像度でサンプル内の断層画像を取得するミクロンX線CTの技術開発です。ミクロンX線CTとは、ダイナミトロン加速器からのマイクロビームを金属ターゲットに照射して発生するマイクロX線源を利用した、マイクロメ …

詳細を確認する

CdTe検出器の開発と応用

当研究室では、『位置敏感型ショットキCdTe半導体ガンマ線検出器』を開発し、PET(Positron Emission Tomography)装置への応用を研究しています。ガンマ線検出器に使われる半導体素子は、ガンマ線やX線を吸収 …

詳細を確認する