刊行物の案内

 これらの刊行物は、
全国遺跡報告総覧
東北大学機関リポジトリ
にて全て公開されています。

東北大学埋蔵文化財調査室年報

 号数 刊行年月日  遺跡名等  調査年 主要な掲載内容 
 年報1 1985.10.11  仙台城跡二の丸第1地点 1982  江戸時代の溝跡やピットなどが検出されている。
仙台城跡二の丸第2地点  1982 二の丸小広間周辺の遺構が検出された。
仙台城跡二の丸第3地点  1982 二の丸に伴う遺構のほか、二の丸造営以前の遺構も検出されている。
年報2  1987.03.31  青葉山遺跡  1983、1984  青葉山遺跡B地点、E地点、F地点の調査成果を掲載している。 
年報3  1990.07.31  仙台城跡二の丸第6地点 1985  江戸時代の溝跡などが検出された。 
芦ノ口遺跡第1次調査  1985 縄文時代前期、平安時代の遺物が出土している。
芦ノ口遺跡
(考古学研究室による調査) 
1976 縄文時代、平安時代の遺構・遺物が出土している。
年報4・5 1992.03.25  仙台城跡二の丸第7地点 1986  江戸時代の溝跡や掘立柱建物などが検出された。 
仙台城跡二の丸第8地点  1986 江戸時代の堀や溝、井戸などが検出された。
仙台城跡二の丸第4次調査  1985、1987 二の丸造営以前の遺構が検出された。
 年報6 1993.03.25  仙台城跡二の丸第5地点  1985、1987、
1988 
「西屋敷」跡や二の丸中奥の遺構群などが検出された。また、17世紀初頭から幕末・明治にかけての多様な遺物が出土している。 
年報7  1994.03.25  仙台城跡二の丸
第5地点(付帯施設部)
1989  江戸時代の建物跡、溝跡、池などが検出されている。 
仙台城跡二の丸
北方武家屋敷第5地点 
1989 時期は明確でないが、江戸時代の溝跡が検出されている。
川渡農場町西遺跡第1地点  1989 近世以降の溝跡や、弥生後期の土器などが出土している。
仙台城跡二の丸
第5地点調査成果の検討 
研究編  塩引・御子篭考−仙台城二の丸跡出土木簡の検討−
年報8  1997.03.28  仙台城跡二の丸第9地点  1989  伊達宗泰に屋敷跡や、台所門周辺の遺構群が検出されている。 
年報9  1998.02.27  仙台城跡二の丸第10地点  1992  江戸時代の敷石遺構や石組溝などが検出された。 
芦ノ口遺跡第2次・3次調査  1989、
1991
縄文時代、古墳時代の遺構・遺物が検出された。また、人工遺物は伴わないが泥炭層が検出された。
考察編  −仙台城二の丸跡の考古学的調査−
年報10  1998.03.30  仙台城跡二の丸第13地点  1993  小規模な範囲の調査であるが、江戸時代の溝跡やピットなどが検出されている。 
研究編  関根達人−相馬郡における近世窯業生産の展開−
年報11   1999.02.28 仙台城跡二の丸第12地点 1993  19世紀台の二の丸北側の堀と、それを横断する堰状遺構を検出した。 
仙台城跡二の丸第14地点   1994 小規模な範囲の調査であるが、江戸時代の遺構・遺物が若干検出された。
青葉山遺跡E地点第2次調査  1993 小規模な範囲の調査であるが、縄文時代早期・中期、弥生時代後期、平安時代の遺物が出土した。
年報12  1999.03.31  青葉山遺跡E地点第3次調査  1994  縄文時代早期の竪穴住居跡が2棟検出され、同時期の土器が多数出土した。 
仙台城跡二の丸第15地点  1995 大規模な削平をうけており、江戸時代の整地や遺構は検出されなかった。
年報13  2000.03.31  仙台城跡二の丸第11地点  1995  池状遺構とピットが検出された。 
仙台城跡二の丸
北方武家屋敷第4地点 
1995 武家屋敷から多数の遺構や陶磁器などの遺物が検出された。また、絵図からこの武家屋敷の区画や居住藩士名を確定することができた。
青葉山遺跡E地点第4次調査  1995、1996 縄文時代早期、中期の土器が出土した。
年報14  2001.03.31  仙台城跡二の丸
北方武家屋敷第6地点
1996  溝、ピットなどが検出されているが、調査範囲が非常に狭いため、武家屋敷の具体的構成は不明である。 
青葉山遺跡E地点第5次調査  1996 青葉山遺跡E地点第5次調査の成果を掲載している。
芦ノ口遺跡第4次調査  1996 縄文時代の粘土採掘坑が検出された。
年報15  2001.03.30  仙台城跡二の丸第16地点  1996、1997  18世紀後半〜幕末と推定される、瓦と礫による整地面が確認された。
青葉山遺跡E地点
第6次調査 
1998 縄文時代の陥し穴が検出され、縄文時代早期、中期、晩期の土器や石器が出土している。また、地滑り痕が確認された。
年報16  2001.03.30  仙台城跡二の丸
第17地点試掘 
1998  2000年度の本調査のための試掘調査。
年報17  2002.03.29   ― ―  センターで行った1999年度の立会調査と事業内容を掲載している。 
年報18  2005.03.31  仙台城跡二の丸第17地点   1998、2000  検出遺構は、二の丸が置かれた時期が主体となる。また、文化元年の火災後の片付けに伴う遺物がまとまって出土しており、年代の明らかな基準資料となる。 
年報19 
第1分冊
2006.03.31  仙台城跡二の丸
北方武家屋敷地区第7地点
2001  仙台城二の丸北側に広がる武家屋敷第7地点の検出遺構に関する報告。検出遺構は、整地層と掘り込み面の関係から、T〜W期に区分された。 
芦ノ口遺跡第5次調査  2001 溝、土坑、ピットが検出された。土坑は、形状や堆積状況などから、粘土採掘坑の可能性が考えられる。土坑から古墳時代前期の土師器が出土している。
年報19 
第2分冊
2009.03.31  仙台城跡二の丸
北方武家屋敷地区第7地点
 2001 仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第7地点出土の陶磁器・土器・土製品・瓦に関する報告。 
年報19 
第3分冊 
2007.03.31  2001  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第7地点出土の木簡と墨書のある木製品に関する報告。 
年報19 
第4分冊 
2008.03.31  2001  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第7地点出土の漆塗製品、木製品、金属製品、石器・石製品に関する報告。 
年報19 
第5分冊 
2010.03.31  2001  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第7地点に関する分析と考察。
年報20  2006.03.31  仙台城二の丸
北方武家屋敷地区第8地点
2003 溝、土坑、ピットが検出された。溝からは、17世紀前葉頃の陶器が出土しており、その頃に機能していた溝として考えられる。
青葉山E遺跡第7次調査  2002〜2003 縄文時代早期、中期、晩期の土器、石器、土偶が出土している。とくに早期中葉土器の空白地域となっていた宮城県における様相をとらえることができる資料である。また、青葉山E遺跡の総括を行った。
青葉山E遺跡第8次調査 2003 後期旧石器時代や縄文時代の層序の大部分は、すでに削平されていることが判明した。
年報21  2007.03.31  仙台城二の丸
北方武家屋敷地区第9地点
2003  溝、土坑、柱列、石垣などの遺構が検出されている。遺構はT期からV期の3段階に区分され、各時期には、17世紀初頭から明治21年頃までの年代が想定された。
芦ノ口遺跡第6次調査  2004 粘土採掘坑と考えられる7基の土坑が検出されている。4基の土坑から土師器が出土しており、古墳時代前期の塩釜式の相当するものがある。
年報22  2008.03.31  青葉山遺跡B地点  2004  青葉山遺跡B地点の試掘調査。縄文時代に相当する層は削平されていた。 
年報23  2009.03.31   ― ―  調査室で行った2005年度の立会調査と事業内容を掲載している。
年報24  2010.03.31  仙台城二の丸
北方武家屋敷地区第10地点
2006  石垣が検出されている。大堀通の側溝となる可能性が高い。
青葉山遺跡C地点  2006 後期旧石器時代の石器が発見された。
青葉山遺跡B地点  2007 青葉山遺跡B地点の試掘調査。遺構・遺物は発見されなかった。


東北大学埋蔵文化財調査室年次報告

掲載年度  刊行日 内容 
2007年度 2010.09.27  青葉山B遺跡の試掘調査など
2008年度 2010.09.27  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第13地点の発掘調査概要
2009年度 2012.03.30  芦ノ口遺跡第7次・第8次発掘調査の概要など
2010年度 2012.03.30  青葉山E遺跡試掘調査の概要など
2011年度 2013.03.29  芦ノ口遺跡の確認調査など 
2012年度 2014.03.31  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第15地点の発掘調査概要など
2013年度 2015.03.31  芦ノ口遺跡第10次発掘調査の概要など 
2014年度 2016.03.31  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第14地点の発掘調査概要など
2015年度 2017.03.31  仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第14地点の発掘調査概要など 


東北大学埋蔵文化財調査室調査報告

 巻数 書名  副題  刊行日  概要 
1 仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第11地点・第12地点 仙台市高速鉄道東西線機能補償関係調査報告書 2011.06.30  江戸時代から明治初頭に至る各種の遺構・遺物が確認された。江戸時代初頭の陶器も比較的多く出土しており、この地域における武家屋敷の整備が、江戸時代初頭から開始されていたことがわかる。
2 仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第13地点    2013.03.29 江戸時代から明治初頭に至る各種の遺構・遺物が確認された。絵図との対比から、検出した沢状遺構は千貫沢に合流する沢と推定することができた。
3 芦ノ口遺跡 第7次調査・第8次調査    2014.03.31  第7次調査では、縄文時代と古墳時代の粘土採掘坑と推定される土坑を多数確認した。出土遺物は、全体的に保存状態が悪く、細かな時期が比定できるものは少ない。第8次調査では、自然の沢状の落ち込みを検出している。 
4 芦ノ口遺跡 第9次調査
青葉山E遺跡 第9次調査
 東日本大震災復旧事業関係調査報告書 2015.03.31   芦ノ口遺跡第9次調査では、縄文土器と土師器が混ざる包含層と共に、沢状に落ち込む自然地形を確認した。青葉山E遺跡第9次調査では、縄文時代早期と中期の土器や石器などの遺物のほかに、7基の土坑を確認した。
5 仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第16地点     2016.03.31 近世から近代の遺構・遺物が多数確認できた。調査時には、ピット、井戸、溝、堀として遺構を確認した。考察の結果、江戸時代における筋違橋通の様相と自然災害の痕跡を確認することができた。
6  仙台城跡二の丸地区第18地点    2017.03.31 仙台城跡二の丸期以前の遺構や土層等の遺存状況を確認するための調査である。調査の結果、近現代の撹乱はそれほど広がらず、各調査区において二の丸期以前の土層が良好に残っていることが判明した。また、撹乱部における土層断面の観察から、複数時期の整地層や遺構を確認した。

HOME