設立の経緯


 遺跡は現状保存が最善ですが、やむを得ない場合に限り、発掘調査を行い記録を作成する記録保存が取られています。これは、1975年に改正された「文化財保護法」に基づくものです。
 本学では、1983年度に埋蔵文化財調査委員会が設置され、東北大学構内の埋蔵文化財調査は、調査委員会とその実務機関の埋蔵文化財調査室が行ってきました。しかし1993年度以降は、急激に事業量が増加し、それまでの体制では対処することが困難になってきました。そのため、1994年度に埋蔵文化財調査研究センターが設立されました。そして、2006年度からは、特定事業組織として埋蔵文化財調査室へと改組され、センターの事業を引き継いでいます。なお、センター発足までの詳細については『東北大学百年史』7に詳述されています。

 現在の職員は、併任の調査室長1名、文化財調査員3名(特任准教授1名、専門職員2名)、事務補佐員1名、および整理作業を担当するその他の作業員からなっています。

 調査室の運営にあたっては、運営委員会が設置され、調査室の組織・人事・予算、その他の運営に関する重要事項を審議しています。運営委員会の委員長は調査室長が務め、運営委員は、次の委員から構成されます。

 ○東北大学施設整備・運営委員会各地区キャンパス整備委員会の委員 各1人
 ○発掘調査に関連ある専門分野の教授又は准教授 若干名
 ○発掘調査地に関連のある部局の教授又は准教授で、その都度委員長が指名するもの
 ○施設部長

 また、運営委員会のもとに、埋蔵文化財の発掘調査に関する専門の事項を調査審議させるため、調査部会を置いています。調査部会の委員長は調査室長が務め、調査部会は次の委員から構成されます。

 ○調査室の特任准教授
 ○文化財調査員
 ○発掘調査に関連のある専門分野の教授又は准教授 若干人
 ○施設部計画課長
 ○発掘調査地に関連ある部局の事務部の長
 
国立大学法人東北大学埋蔵文化財調査室規程
HOME